未分類

IT企業の他社ベンチマーク攻略法【真面目にやっていると消耗します】

 

IT企業に勤めていると、よく他社ベンチマークをすることがあります。

他社ベンチマークとは、自社製品と他社製品を比較する手法です。
簡単に言うと、他社の良い感じの製品を研究して自社製品に活かそうぜ、という活動のことです。

筆者は勤めている企業で、あるベンチマークプロジェクトのリーダーをしたことがあります。
その際に感じたことは、

筆者
ベンチマークめっっっちゃ大変!!

です。

なので記事では、日系大手のIT企業に勤める筆者が、
企業において他社ベンチマークを効率良く進めるためのコツを紹介します。

 

ベンチマークの目的は〇〇

 

一般的にベンチマーク のイメージでいうと、

筆者
他社の戦略を分析して、良いところを我が社に取り入れよう!

上記でも間違ってはないですが、正確には違います。

ずばりベンチマークの目的はあくまでも、今後の方針の参考にするかもです。
つまり、その一所懸命作ったレポートは1回目を通して、フォルダの底に沈んでしまう可能性があるということです。

筆者は1ヶ月缶詰めで作成したベンチマークレポートを上司に発表した後、
「おお〜いいね〜、参考にするよ、」で終わったこともあります。

悲観的に見えるかもしれませんが、これが現実です。

 

正直、モチベーションを保つのは難しいです

 

見られないかもしれないレポートを作るのは苦痛です。余程ベンチマーク対象に興味があるなら別ですが、、、

しかも、ベンチマーク対象によっては1年単位のプロジェクトになったりします。
1年間、自社・他社製品について調べ尽くし、上司にレビューをもらい、修正を繰り返します。

上記の通り、かなり体力も使い、成果物となるかも微妙です。
なので、コツを抑えてサクッと片付けてしまいましょう。

 

やりがちなミス4選

 

  • 決定者が誰かわかっていない
  • アウトラインを確認しない
  • フォーマットを準備しない
  • 人を巻き込んでいない

 

上記解説していきます。

 

決定者が誰かわかっていない

 

決定者とは、レポートの合否を決める人物のことです。

他全員がOKを出しても、決済者がNGであれば、そのレポートは価値の無いものになります。
なので、一番重要なことは決済者を抑えておくことです。

決済者が求めていることや、納期感を把握するために、蜜にコミュニケーションをとる必要があります。

 

アウトラインを確認しない

 

次によくあるミスがアウトラインを確認しないということです。
アウトラインとは、大体の方向性を示したものです。

筆者
章立ては〜〜な感じで、強調したいポイントは〜〜と考えています。

上記のような、ざっくりとした方向性を先に決済者に確認しておきます。
「方向性を合わせるために、定期的にアウトラインの確認をさせてください。」と先に手を打っておくことが重要。

アウトラインを確認しないと、大きな時間のロスが発生します。
一生懸命資料を作っても、決済者に「方向性が違うよ、作り直して」と言われ絶望します。
なので、アウトラインを何度も確認して、方向性を合わせることが重要です。

アウトラインは以下のことを確認しておくのがオススメです。

  • 章立て
  • 比較ポイント
  • 強調したいポイント
  • 納期
  • レポートの形式(Word, パワポ 、、、)

 

フォーマットを準備しない

 

これもよくあるミスです。
自分で1からフォーマットを作ろうとすると必ず失敗します。

社内で統一されたフォーマットがあるはずなので、それに従いましょう。
フォーマットが無いなら、過去のレポートを参考にして、以下の項目をマルパクリしましょう。

  • フォント
  • フォントサイズ
  • 色使い
  • 社内用語

特に、複数人でレポートを作成する場合は、上記項目が驚くほどバラバラになるので、事前に統一することが必須です。

 

人を巻き込んでいない

 

これができると、作業がグッと楽になり、レポートの質も格段に上がります。
具体的にやることは以下の2つです

  • わからない時に相談できる人を確保する
  • 作業を手伝ってくれる人を確保する

特に手伝ってくれる人を確保できると、圧倒的に楽になります。
人員を確保する際は、前述の決済者に依頼するのがベストです。

筆者
〜の分野は、〇〇さんが詳しいので、ベンチマークメンバーとしてアサインしていただけませんか?
筆者
〜さんにとって、すごく良い勉強になると思うので、(以下同)

というように、人員を確保する際は、
関わる人全員のメリットを提示することが重要です。

 

自分の意見を取り入れて、評価されるレポートに

 

上記のミスを防げば、合格点のレポートはできます。

さらに、成果物としての評価を高くしたいのであれば、自分独自の意見を取り入れることがオススメです。
また、意見を取り入れる際は、WHOを意識することが重要です。

筆者
この仕様は中小企業のお客様にとってはメリットとなるが、大手企業のお客様にとってデメリットとなる

といった感じで、WHO=「誰に」という視点を入れることが重要です。
WHOが無いと、「この機能はダメ」「この機能は良い」というだけの浅い意見になってしまいます。

 

プロジェクトを回す練習と考える

 

ベンチマークプロジェクトでは多くのビジネススキルが要求されます。

  • 人を巻き込むスキル
  • 期待値とアウトプットを合わせるスキル
  • 期限内に成果物を仕上げるスキル

などなど。
一見、面白味も少なく、大変な作業になりますが、
自己研鑽だと考えて取り組んで行きましょう。

 

 

-未分類

Copyright© ふじPブログ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.